ヘーベルハウスのデメリットは?【軽量気泡コンクリート】


高い耐震性と、都市部向けのデザインが好評のヘーベルハウスですが、中には欠点やお困りの声もあるようです。一体どんな弱点があるのか、その理由について解説します。


スポンサーリンク



ヘーベルハウスで建てた人・建てる人の不安の声

2016-05-19_154802【へーベルハウス公式HPより引用http://www.asahi-kasei.co.jp/】

実際に建てた人の本音や、データに基づいて指摘する人など、様々な意見が飛び交っています。特に多く見かける弱点をまとめてみます。

【実際に建てた人】

・費用が高かった
・30年後の集中メンテナンスは必要なのか
・外壁をヘーベル(軽量気泡コンクリート)しか選べなかった

【指摘の声】

・吸水性に難がある
・ヘーベルの重さ
・マンション傾斜問題(2015年10月)による風評

次に、それぞれについて詳しく原因を見てみましょう。

費用が高かった

ヘーベルハウスで建てた人、建てる前の人に共通して「坪単価が高い」という声を良く耳にします。

実際に平均の坪単価は約80万円と言われており、大手メーカーの平均坪単価65〜75万円と比較しても、高い事がわかります。

原因は、ヘーベルハウスで使われる建材が、全体的に高価なもので固められているからです。高い耐震性も評価されていますが、その点も言い換えると、コストがかかっているという事になります。

性能を取るか、コストを取るか、それによって施工費は変動するものですので、価格が高い事がデメリットだとは言い切れませんが、ヘーベルハウスに対するイメージとして真っ先に出る意見です。

30年後の集中メンテナンスは必要なのか

index_fig_02【へーベルハウス公式HPより引用http://www.asahi-kasei.co.jp/】

ヘーベルハウスでは「ロングライフプログラム」という、独自の点検システムがあります。

30年目までは点検費は無料で、それ移行の60年目まで有料の点検を行うという長期の保証システムです。

不安視されているのは、「30年目に400万円」と書かれている修繕費ですが、これは実際に400万円を支払わなければならないのではなく、30年目の住宅であればおよそこのくらいの修繕費が発生しますよという目安です。

外壁をヘーベル(軽量気泡コンクリート)しか選べなかった

ヘーベルハウスでは、外壁にサイディング等の他の素材を選ぶ事ができません。お気に入りの外壁を先に見つけた人にとっては、後からわかってショックを受ける事にもなりかねません。

ヘーベルの外壁が気に入ってヘーベルハウスに決めるという方が一般的なようですので、実際に契約した後に発覚するのはごくまれのようです。

ちなみに
ヘーベルと同じ軽量気泡コンクリート自体は、一般的な住宅や小さなビルなどの鉄骨住宅でごく普通に使われている素材です。商品名が「ヘーベル」ではないだけです。
吸水性に難がある

ヘーベルなど軽量気泡コンクリートには、気泡を繋ぐ細い穴があります。

高温に晒された際に、空気の逃げ道となって破裂を防ぐ頼もしい仕組みですが、逆に水を吸収すると、内部に溜め込んでしまうというデメリットもあります。
そのため、防水の塗装を3層にわたって行う等の対策がされています。

ヘーベルの重さ

ヘーベルはコンクリート材の中でも軽めですが、サイディング等に比べると重いと言われています。

そのため、田んぼを埋め立てた土地など、地盤が弱い場所に家を建てる場合は、重い素材を支えるために地盤の補強が必要になります。

マンション傾斜問題(2015年10月)による風評

2015年に横浜市のマンションで、基礎工事の杭打ちに不備やデータ改ざんが発覚しました。

杭打ちを担当したのが、ヘーベルハウスの親会社である旭化成であった事から、ヘーベルハウスで家を建てた人からは不安の声が次々に挙がりました。

この問題に関して、「不備が発覚した杭打ちはヘーベルハウスでは使用しない工法であり、現在ヘーベルハウスの家に住んでいる人には影響がない」という回答が旭化成から出ています。

つまり、ヘーベルハウスは、グループ会社という以外にこの問題との関連は一切なく、むしろこの事件があった事で、基礎工事をこれまで以上に見直す動きになるのではという意見も出ています。

まとめ

旭化成ブランドと頑丈さが信頼されているヘーベルハウスですが、デメリットを指摘する声が多いのも事実です。

ですが、デメリットの意見が出るという事は、言い換えるとそれだけの施工実績があるという事です。「デメリット=悪い」と鵜呑みにせず、自分たちの家づくりにはどんな影響があるのか?果たしてそれが本当にデメリットなのか?など、検討する慎重さが求められています。

●あわせてご参考ください。
ヘーベルハウスの価格や坪単価は?【高い?】
ヘーベルハウスの外壁の色や種類は?【外観バリエーション】
旭化成ホームズの耐震対策とは?【ヘーベルハウス】


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す