スウェーデンハウスの特徴や坪単価は?

Pocket



大手メーカーに比べると、ハウスメーカーとして候補に挙がる事の少ないスウェーデンハウスですが、どのような特徴を持つハウスメーカーなのでしょうか?価格や評価されているポイントなどをまとめました。


スポンサーリンク



北欧の家づくりを日本向けに輸入

2016-06-01_225940【スウェーデンハウス公式HPより引用http://www.swedenhouse.co.jp/】

スウェーデンハウスは、1894年に北海道を拠点として、トーモク・三菱地所・北海製罐の3社が共同出資して設立されました。北欧などの寒冷地に耐える家づくりのノウハウを、日本向けに販売しています。

家全体を包む断熱材だスウェーデンハウスけでなく、壁や床の継ぎ目部分などにも断熱部材を挟み、さらに上から保護するなど、徹底した気密性が評判のメーカーです。

木製サッシ3層ガラス

2016-06-01_230033【スウェーデンハウス公式HPより引用http://www.swedenhouse.co.jp/】

断熱性の高い複層ガラスが売りだされていますが、日本の昔からある住宅では、現在も単層ガラスの窓が一般的です。

スウェーデンの住宅では、古くから3層のガラスが使われていました。アルミサッシの1800倍と言われる木製サッシと組み合わさって、高い気密性を誇ります。また、遮音性の面でもとても優れています。

気密性だけでなくインテリアとしても、木製サッシのデザインが穏やかな雰囲気をもたらします。

24時間熱交換型換気システム

高気密性の住宅ですので、換気性能も欠かせません。スウェーデンハウスの24時間換気システムは、暖かい空気を外に逃がさずに、快適な空気の循環を促します。PM2.5に対応した微細粒子フィルターも注目ポイントです。

現地スウェーデンで生産される木材

スウェーデンハウスでは、部材の生産・加工を全てスウェーデンの現地工場で行っています。厳しい寒冷地で育った樹のたくましさを活かした材質は、EUと日本の両方で認可を受けています。

デメリットとして、当然、日本には輸入された形で届きますので、材料費にはその分のコストがかかってしまいます。
ちなみに、全ての部材がスウェーデン生産という訳ではなく、カナダ産のものや、日本国内で加工されている物もあります。

スウェーデンハウスの坪単価

<平均坪単価>
約75〜85万円

日本でもトップクラスで高いと言われる三井ホームと同程度の坪単価です。
先ほども述べた通り、スウェーデンハウスで使われる部材は、全て現地スウェーデンの工場から輸出されますので、その分のコストが発生してしまいます。

また、従来の日本の住宅は「すぐ壊して新しい物を作る」という考え方が一般的でした。対して、スウェーデンハウスの住宅は、長期間使い続ける物という考え方です。

すぐに壊す物を安価に手に入れるよりも、長く住み続けられる物に対価を払う、というのが、スウェーデンハウスの考え方とも言えるでしょう。

スウェーデンハウスの商品の特徴「ワングレード」

2016-06-01_230118【スウェーデンハウス公式HPより引用http://www.swedenhouse.co.jp/】

スウェーデンハウスでは、全ての家の機能・設備に差がない事を強調して「ワングレード」と設定しています。
そのため、コンセプト別に商品がラインナップされています。

住宅用商品では、洋風アンティークな「ボーラヴォーラ」や、北欧モダンの「ミューク」、田園風景に馴染みそうな「悠の住処」など、どれも女性が喜ぶヨーロッパ風の華やかなデザインが特徴的です。

メーカーホームページでは、北欧の暮らしを紹介する特集などが組まれている事からも、女性向けのアプローチに強化していると言えます。

バリアフリー先進国の技術

スウェーデンではバリアフリーの考え方が、世界でもトップクラスで普及している事が評価されています。そんな国民性がもたらすユニバーサルデザインも、スウェーデンハウスの家づくりに活かされています。

スウェーデンハウスではモジュールに1200モジュールを採用しており、車いすや手すりを使う方にとって、ゆとりのある廊下・階段幅を実現しています。

北欧風のデザインや材料だけでなく、バリアフリーに目を向ける事で、日本のメーカーと差を測っていると言えるでしょう。

まとめ

北欧の暮らしと家づくりを、日本に輸入する事で展開したスウェーデンハウスは、価格の高さにも関わらず、一定の支持を受けています。

特徴は、何といっても、北欧風の外観と高気密性であり、モデルハウスで居心地の暖かさに驚く方もいるようです。

北欧風の家づくりを検討している方にとって、外観プランや間取りなど、目を通しておくべきヒントが沢山詰まっています。


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す