ハウスメーカーのメリット・デメリット【理解して決断してますか?】

Pocket



ハウスメーカーのメリット・デメリットを把握しているでしょうか?メリット・デメリットを知った上で、自分に合うハウスメーカー選びましょう。


スポンサーリンク



ハウスメーカーのメリットとは?

a1180_012097
マイホーム新築を考えたとき、いくつかの方法があります。

  • 大手ハウスメーカーで建てる
  • 地元の準ビルダー(ハウスメーカーの規模が小さい版)で建てる
  • 地元の工務店で建てる
  • 個人の大工さんで建てる

その他、建売の購入等もありますが、ざっくり分類すると上記いずれかの方法で建築することになります。

大手ハウスメーカーのメリット

大手ハウスメーカーで建てるメリットは、ある程度の規格が決まっているので、下請けの大工の腕に関係なくそれなりの家に仕上がります。

個人の大工・工務店の全てが悪いという訳ではありませんが、大手ハウスメーカーの方が仕上がりがキレイです。※全てではありません。

材料が一定水準にある

大手ハウスメーカーが使っている材料全てが良い材料ではありませんが、どの材料も一定の水準は保たれています。

家は表面に見えている部分だけでなく、構造躯体や断熱材等、目に見えない部分が非常に大切です。個人大工や工務店の一部は、構造材が全てグリーン材というケースもあります。※グリーン材とは乾燥させていない水分を多く含んだ材木

グリーン材とは?

グリーン材だと築数年で木材の収縮が起こり、クロスのひび割れ等の原因となります。大手ハウスメーカーの場合、乾燥材や集成材を使っているので、木に関しては安心できます。

その他、建材(建具・フローリング)や住宅設備機器等、一定の水準を保っているので、安い商品やB品を使われる心配は少ないと思います。

カタログに記載されない製品
多くのHMは、メーカーに専用商品(ビルダー向け)を作らせ採用しています。また、外壁材など専用の工場や仕入先を作り自社商品として販売しているケースもあります。

単品で比べると、質で劣る商品もありますが全体にみて一定の水準は保たれていると言えます。

倒産リスクが低い

大手の場合、倒産リスクが低くなります。一度はニュース等で目にしたことがあるかと思いますが、建築中に倒産してしまい建築工事がストップすることが現実にあります。

年間1~2棟クラスでも年10~20棟、年30~50棟どの規模の会社でも倒産の可能性はあります。年商10億でも50億でも潰れるときはあっさり潰れます。

大抵の場合は別の会社に引き継いでもらい助かるケースが多いようですが、中間金を支払ったばかりで工事が全然進んでいなかったら大変なことになります。

仮に引き渡し後に倒産した場合も、定期メンテナンスや会社側の不手際等が合った場合も倒産していたら文句も言えず泣き寝入ることしかできません。

大手なら絶対に大丈夫とは言えませんが、中小工務店よりは倒産リスクが低いと言えます。

その他のメリット

他にもメリットはありますが、今回はこの辺にしておきます。
【その他主なメリット】
・大手ハウスメーカーが1つのステータスになる。
・土地・宅地開発等の情報が多く立地条件が良い
・建築事例が多いので、建築したいイメージの共有がし易い
・等など

大手ハウスメーカーのデメリット

2015-01-10_223004
大手ハウスメーカーのデメリットは、坪単価が恐ろしく高いです。最近では坪90万円も珍しくないようです。

大手ハウスメーカーと同等の家を中小工務店で建築した場合、坪50万円もあれば建つのではないかと思います。※ケースバイケースです。

あくまでも同等品です。ビルダー専用品を利用しているので、全て同じ家にすることは不可能です。絶対に譲れない機能がそのハウスメーカーだけのものであれば、迷わず希望のハウスメーカーで建築した方が良いと思います。
外観が似たり寄ったり

各社特徴があり、一概には言えませんが、誰でも知ってる大手ハウスメーカー数社に関しては、どの家を見ても同じにしか見えません。(積○等)

宅地開発からの現場だと同じ様な色違いの家が何十棟も建っているなぁという印象です。3,500万円~5,000万円の買物がまわりと被ってしまうって私は嫌だなぁと思います。※個人の感想です。

大工は下請け

規格が決まっているので、ある程度の仕上がりは確保できていますが、実際に工事を担当するのは、地元の下請け大工さんです。

下請け大工さんの場合、当たり外れがあり、万が一ハズレを引いた場合、思いもよらないトラブルに発展するケースもあります。

出来る限り現場に通い、不安を感じるようであれば元請けに相談しましょう。下請けと契約している以上、そう簡単に大工を変更することはできないと思いますが、ケースによっては途中で変更も可能だと思います。

変更までしなくても注意することで改善されることも多いです。現場に足を運ぶ際は、大工さんが丁寧に仕事をしてくれているか?目に見えない部分がキレイにしてあるか等チェックしましょう。

梅雨の時期にカビ
基礎から棟上げ引渡し前まで、いろんなタイミングで現場を見ますが、梅雨の時期に梁桁がびっくりするぐらいカビていたことがありました。

施主は知らずに住むと考えると胸が痛みます。※私の会社が関係している物件という訳ではないので、口は挟めません。

まとめ

大手ハウスメーカーが良いとか悪いとかいう話しではありません。メリット・デメリットをしっかり把握した上で判断することが大切です。

多少建築知識がある人は”大手は止めとけ高いだけだ”と言いますが、それは知識があるから言えることです。

知識が無い人にとっては、多少金額が高くてもプランニング料金と安心を買うと思えば納得できると思います。個人的には、多少勉強した上で、大手と中小、個人を比較して選ぶのが一番だと思います。

●こちらもご参考下さい。
大手ハウスメーカーのメリットデメリット?【後悔??】
失敗しない中小工務店の選び方【メリット・デメリットとは?】
あなたに合うハウスメーカーの選び方・見つけ方【基準は?】
ハウスメーカーの建売住宅を購入する時の5つの注意点!?


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す