マイホーム新築で複数社から見積を取る理由は?

Pocket



新築を建てる事になった場合、まず最初に行わなくてはならない作業は、業者に見積もりを依頼する事です。

この時、一社のみの見積もりだけで決めてしまうのは、大変危険です。新築こそ複数見積を取っておかなければならない、その4つの理由をご説明していきます。


スポンサーリンク



その1.費用を比較する

ece23223e8fb08f2320b3b5143dc23c5_l
複数見積りの何よりも大きな目的は、業者同士の費用を比較する事です。工事代金が業者によってばらつきがある事は想像できるかと思いますが、実は商品代にも業者によって差があります。

商品そのものの定価は一律でも、実際に業者に販売される価格である「卸値」は必ずしも定まっているわけではありません。業者がそのメーカーの商品をどのくらい取扱っているか等の様々な要因によって卸値は決まります。

その卸値に対して、業者の利益分を加算した金額が私たちへの販売価格となります。しかし、実際に見積もりを取るまでは、その価格を知ることはできません。

さらに、基本的には無料で行ってもらえる見積もりや土地探しに、費用を請求する業者もあります。商品代や工事費だけでなく、それぞれの業者ごとに発生する費用があるかどうかも、複数見積もりではチェックしておかなくてはなりません。

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

今なら無料の見積もりをするだけで、

ココ→http://www.town-life.jp/

「成功する家作り7つの法則」も貰えます。

その2.良い営業担当に巡りあう

2016-06-24_235104
複数の業者に見積もりを取るという事は、それだけ多くの営業担当に会うという事でもあります。業者選びは、必ずしも「大手だから良い」「中手だから知識がない」とは限りません。

家作りの担当は、ふだんの買い物の接客担当とは違って、購入前から購入後まで、とても長期間の付き合いを続ける事になる相手です。そんな相手とスムーズにやり取りができなければ、そのストレスは想像できますよね。

気持ちの良いプランニングを進めるためにも、営業担当との相性は金額と同じくらい、大事な業者選びの要素です。見積もり時のやり取りによって、こちらの要望を聞いてくれる人かどうかを見極める事ができます。

その3.ダブルチェック効果

見積もりは、必要な工事や様々な条件などを的確に見抜いて作成しなければなりません。新築など膨大な箇所の計算が必要な工事の場合、その分確認が抜ける事や、チェック漏れも発生しやすくなります。

見積もりは人間が作る以上、必ずミスが発生します。「○○社はこの工事が必要だと言っていたけど、□□社では必要ないと言われた」という、業者によって工事内容が違うケースもあります。

また、同じ工事内容でも、あまりにも費用が違いすぎる項目があれば、見積もり担当者に必ず確認しましょう。その際、「他の業者ではもっと安い費用だった」と伝えてしまっても構いません。

相見積もりを取っている事を最初に伝えておくことで、割引に応じてもらえる事があるかもしれません。工事の当日になって「この商品はこの工事には使えない!」などという事になってしまわないよう、複数社から見積もりを取って、必要な工事や商品に漏れがないかをダブルチェックする作業も大切です。

その4.見積もりの出し方は業者によって様々

2016-06-25_214724
見積もりやプランニングの資料は、業者によって作り方が異なります。見積もりの書式は、記載されている内容はほぼ変わりはありませんが、業者独自のものが使われます。

また、参考例の物件写真で説明してくれる所もあれば、CGの立体的なイメージまで準備くれる所もあります。あるいは、わかりやすい間取りの平面図を見積もりの時点で作ってくれる業者もあります。さらに、見積もりの金額を元に、支払いの資金計画まで計算してくれる業者などもあります。

このように、見積もりと言っても、業者によって提案方法が違いますので、複数社から見積もりを取る事によって、別の角度から家づくりを確認することができるようになるのです。

金額も大事な確認要素ですが、その業者が家づくりをどの程度まで把握してプランニングをしてくれるのか、希望の条件をどこまで取り入れてくれるのかという事も、見積もりでわかってくるのです。

まとめ

ふだん何かを買い物する時「こっちの店の方が○○円安い」と吟味するように、新築のような大きな買い物こそ、複数社で費用を比べておかなくてはなりません。

その費用は見積もりを取るまでは一切わからないので、必ず最低でも2社以上から、見積もりを取っておきましょう。

●こちらもおすすめです。
マイホームを建てるために必要な情報!正しいローコスト住宅とは?


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す