旭化成ホームズの耐震対策とは?【ヘーベルハウス】

Pocket



ヘーベルハウスのCMでお馴染みの旭化成ホームズは、高い耐震性を備えた家づくりで知られています。

耐震対策は、家づくりに用いられる構法ごとに重要視すべきポイントが異なります。今回は、旭化成ホームズで建てられる軽量鉄骨・重量鉄骨構法の、それぞれの耐震対策についてご紹介します。


スポンサーリンク



■軽量鉄骨構法の耐震対策

2016-09-08_224644【旭化成ホームズ公式HPより引用http://www.asahi-kasei.co.jp/】

旭化成ホームズの軽量鉄骨構法は「ハイパワード制震ALC構造」と呼ばれます。

『キュービック』や『新大地』などの商品に用いられており、木造の軸組構法を鉄骨に応用した、鉄骨軸組構法です。

軸組構法では、柱や梁を縦横に交わして建物を組み立てます。
この時、柱と梁以外の部分は空洞となってしまいますので、壁部分としての強度をどのようにして保つかが、耐震対策では重要となります。
さらに、家の水平方向に地震の負荷がかかって起こる床の変形も、建物の耐久性を維持するために防がなくてはなりません。

旭化成ホームズでは、この2点を以下の仕組みによって対策しています。

□「ハイパワードクロス」

2016-09-08_224803【旭化成ホームズ公式HPより引用http://www.asahi-kasei.co.jp/】

軸組工法では、柱と梁で出来たフレームの中に「筋交い」を設けて、壁部分の強度を保ちます。

旭化成ホームズの軽量鉄骨軸組構法では、制震デバイスの筋交いを加えた「ハイパワードクロス」と呼ばれるフレームを使用します。
「制震」とは、地震の力を低減する力の事で、建物に高い耐震性を持たせるためには、欠かす事ができません。

ハイパワードクロスは地震の揺れを吸収し、家にその負荷をかけないように働きます。

□「剛床システム」

2016-09-08_224956【旭化成ホームズ公式HPより引用http://www.asahi-kasei.co.jp/】

旭化成ホームズの軽量鉄骨構法では、床に敷かれたヘーベルを鉄骨と一体化しているため、地震による変形に極めて強い「剛床」になっています。

■重量鉄骨構法の耐震対策

旭化成ホームズでは、軽量鉄骨に加えて、3階建の重量鉄骨構法の家も建てる事ができます。
3階建商品の『フレックス』などでは、「重鉄制震・システムラーメン構造」が使われます。

旭化成ホームズではこのラーメン構法において、以下のような耐震対策を施しています。

□「ダイナミックコネクタ」と「コラムカプラ」

2016-09-08_225034【旭化成ホームズ公式HPより引用http://www.asahi-kasei.co.jp/】

「ラーメン」とは、ドイツ語で「枠」を意味する言葉です。
ラーメン構法は、鉄骨の梁と柱を1つの「枠」のように剛接続しますので、地震のパワーが集中しやすい柱と梁の接続部分を、軸組工法よりも安定させる事ができます。

旭化成ホームズの「システムラーメン構造」では、従来のラーメン構法よりも接続部分がシンプルになっています。

ASボルトが締め付ける力を自動で管理するため、地震の不規則な揺れに対して、ねばり強い耐久性を発揮する事ができます。

2016-09-08_225127
【旭化成ホームズ公式HPより引用http://www.asahi-kasei.co.jp/】

さらに、柱の継ぎ足し部分には、コーナーグリッパーを搭載した「コラムカプラ」と呼ばれる接続部材を用いています。

□オイルダンパー制震システム「サイレス」

「サイレス」は、高層ビルなどで使われる制震システムを、住宅用に改良した装置です。パネルの中にはオイルダンパーと呼ばれる部材があり、この部材が基礎と鉄骨の梁を繋いでいます。

地震が起きると、オイルダンパーに揺れが吸収され、オイルの圧力ダンパーが上下して、揺れの力を低減させる事ができます。
3階建の『フレックス』では標準仕様となっていますが、一部のプランではオプションとなる事があります。

□「マイティーセッター」

2016-09-08_225205【旭化成ホームズ公式HPより引用http://www.asahi-kasei.co.jp/】

基礎と柱の接続には、露出柱脚工法を用いています。クラウト材と呼ばれる耐水性のあるモルタルを注入座金から流し込み、ボルトと合わせて強い接合力を発揮します。

「マイティーセッター」は旭化成ホームズ独自の露出柱脚工法です。

■まとめ

以上のように、旭化成ホームズでは、軽量鉄骨・重量鉄骨構造それぞれの弱点をカバーした、効果的な耐震対策が取られています。
しかし、旭化成ホームズの家が高い耐震性を持つと評価される理由は、それだけではありません。

耐震対策には、耐震・免震・制震の3つの考え方が必要です。

ほとんどのハウスメーカーでは、耐震・免震機能までは取り入れていても、「制震システム」のみオプションとなっているか、実施していない所もあります。

一方、旭化成ホームズでは制震システムがほぼ標準仕様になっており、耐久性の高いALCコンクリート・ヘーベルと組み合わせて、地震に強い家づくりとなっているのです。

●こちらもご参考下さい。
ヘーベルハウスの価格や坪単価は?【高い?】
ヘーベルハウスのデメリットは?【軽量気泡コンクリート】
ヘーベルハウスの外壁の色や種類は?【外観バリエーション】
大手ハウスメーカーの耐震比較【おすすめのHMは?】


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す