マイホームの新築で、失敗する人の特徴は?

Pocket



多くの人にとって人生で1度きりの買い物となるマイホームは、こだわりの間取りや理想のデザインを取り入れたくなる物です。
しかし、プランニング時のシミュレーションが不十分だと、生活を便利にするはずの設備や機能に、不便さを強いられる事にもなりかねません。
今回は、マイホームの新築で失敗しやすい人の特徴と、成功させるための改善策をご紹介します。


スポンサーリンク



■流行りに流されてしまう人

2016-10-03_225443
家のスタイルには、その時々の流行があります。
しかし、モダンな最新の家を意識し過ぎて、実際の住み心地を疎かにしてしまわないよう注意が必要です。

・対面キッチンは本当に必要?

リビングの中央に設置された対面キッチンは、現代風のスタイリッシュな家では定番のアイテムです。
しかし、間取りによってはリビングや廊下からキッチンが丸見えになり、来客時にコンロの上やシンクを毎回片付けなくてはならないなど、オープンさがかえって不便になる事もあります。

その他、調理時の油がリビングの床まで跳ねる点や、臭いがリビングに溜まりやすい点なども想定しておかなくてはなりません。

・リビング階段の落とし穴

広く設けたリビングの中央付近に設置するリビング階段も、現代風な間取りの特徴です。
階段をこのように設置すると、家族全員と毎日顔を合わせる事ができ、家族のコミュニケーションをサポートする効果があります。

一方、来客を2階に案内する際にリビングの中央を通ってもらわねばならなかったり、思春期のお子様は通るのが億劫になってしまったりするなど、必ずしも良い効果ばかりではようです。

流行の間取りやインテリアは、その家に住む人にとって必ずしも良い物とは限りませんので、設置時はデメリット面もしっかり検討しましょう。

■広さの感覚が掴めていなかった人

2016-10-03_225612
新築の家をプランニングする時は、縮尺された平面図で完成後の状態をイメージします。
しかし、この時の広さの感覚が曖昧だと、実際に住んでみた時に不便さを感じる事になってしまいます。

・坪や畳は「平方メートル(m2)」に換算する

「1坪のお風呂」や「四畳半の和室」など、坪や畳は広さのイメージを伝える際にとても便利な単位です。
しかし
「1坪のクローゼットが思ったよりも狭かった」
「四畳半の和室は、客間にするには狭すぎた」
などのように、平方メートル(平米、m2とも表記)表記時との感覚の差が大き過ぎると、間取り作りの失敗の原因となってしまいます。

坪や畳で表記された部分は必ずメートルに換算し、実際の感覚を掴んでおきましょう。

特に、クローゼットや玄関のような比較的狭いスペースは、広さの感覚を見落としがちですので注意しなくてはなりません。

■理想の間取りが今の生活からかけ離れすぎた人

2016-10-03_225719
せっかく1からプランニングした理想の間取りが、あまりにも今の生活スタイルとかけ離れていると、以下のような失敗を招く事があります。

・収納は思っているよりも足りないもの

新築住宅の失敗例として最も多く挙がるのが「収納不足」と言われています。
現在の住まいに収納している物が、新築の家の収納ルームに収まりきらなかったという事例は少なくありません。

収納スペースが足りずに家具を追加した結果、収納家具が居住スペースに溢れ、新築の家が早速雑然としてしまったという失敗談も挙がっています。

現在の収納の状態を改めて確認し、新築の家には余裕のある収納スペースを確保しておきましょう。

・いつまでも不便な動線

最初は慣れない新しい家の動線ですが、日々の生活とともに徐々に体に馴染んで来ます。

しかし、

  • 掃除機をかけるために何度もコンセントを抜き差ししなくてはならない
  • トイレで手を洗うたびに、体の向きを大きく変えなくてはならない
  • 部屋と部屋の間に障害物があって、回り道が必要

など、毎日必ず発生する家事や、お風呂、トイレのたびに余計な手間があると、いつまで経っても新しい動線に慣れる事はできません。

ふだん何気なく行っている日々の動作でも、実は絶妙な動線で快適さが保たれています。
新築の間取りを考える時は、なるべく現在の動線を変えないよう意識しましょう。

■まとめ

新築の家づくりでは、新しい生活に期待を膨らませながら、最新の設備や理想の間取りを考える作業が最も楽しい時間です。
しかし、現在とかけ離れすぎた生活スタイルや流行を求めてしまった結果、必要のない設備や不便な動線だらけになってしまっては残念ですよね。

メジャーを使って広さの感覚を掴む事はもちろん、収納や家事効率、家族の生活スタイルをよく話し合って、現在の暮らしをさらに快適にする家を手に入れましょう。


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す