新築住宅の不安を解決!費用や手続きについて知っておきたいこと


そろそろ新築のマイホームを手に入れたいと思っても、マイホーム購入までには、様々な課題やステップを乗り越えなくてはなりません。

今回は、ハウスメーカー選びから始まり、資金の準備、住宅ローンの申し込み、工事開始から完成まで、新築のマイホーム購入に必要な費用や手続き面について、知っておきたいポイントをご紹介します。


スポンサーリンク



■ハウスメーカーの住宅展示場を訪れよう

2016-12-29_223814
マイホーム作りにおいて最も重要となるのが、家づくりを任せるハウスメーカー選びです。

建てたい家のイメージや、候補にしているメーカーが既に決まっている方も、全く、何から始めたら良いかわからないという方も、まずはハウスメーカーの住宅展示場を訪れてみましょう。

住宅展示場の中に入って設備を見るためには、アンケートや営業マンの質問に答えなければなりません。しかし、それらに答えて行く事によって、家づくりに対して不足していた考えや資金等が浮き彫りになるというメリットもあります。

家づくりの準備を大きくステップアップさせるためにも、住宅展示場は、ぜひ1つでも多くの会場や、複数メーカーを見て回る事をおすすめします。

■住宅購入にかかる費用をリストアップ

2016-12-29_223927
まず、家を購入するために必要となるのが、土地代と建物工事代です。これらはハウスメーカーからの見積もりによって金額を知る事ができます。

具体的な購入費用が固まったら、住宅ローンの借入を検討する段階に入ります。この時、借入のために必要な頭金は、その額を支払って、なおかつローンの返済を行いながら余裕のある生活ができるかどうかまで計算しておきましょう。
さらに、近年のローン商品の大半は保証人が不要ですが、ほとんどは民間保証会社へ保証を委託しているため、その加入料も必要です。

次に、忘れてはならないのが、各種税金です。
不動産を購入すると、「不動産取得税」と「固定資産税」の課税対象者となります。この2つはマイホーム完成後に支払う事になりますが、約数十万円の支払いとなるため、早めに資金を準備しておきましょう。

さらに、購入時には、契約書に貼り付ける「印紙税」も発生します。約10,000円の負担となりますので、こちらも忘れずに準備しておきます。

また、不動産の登記事項を書き換えるために、司法書士へ支払う報酬に含まれる「登録免許税」も必要です。

これらの資金が準備できても、引っ越し業者の運送代や、新しい家具の購入費用など、工事完成後には様々な支出を伴います。

必要な資金をリストアップし、支払いが購入前か、購入後かを区別しておく事で、この後発生するローンの返済計画も立てやすくなります。

■住宅ローンの商品タイプを知っておく

2016-12-29_224002
どの金融機関の住宅ローン商品を選ぶ場合でも、住宅購入後に無理なく生活できる範囲で返済計画を立てなくてはなりません。

また、住宅ローンには必ず利息が発生します。
利率が返済期間中変わらない「固定金利」か、利率の見直しが行われる「変動金利」のどちらを選ぶかで、将来払い続ける利息の総額も異なります。

さらに、35年間など長期間返済し続ける事になる住宅ローンは、もしもの時の対策が必要です。
短い期間で一気に返済しようとして、月々の生活費を圧迫するような返済額になっては非常にリスキーです。

しかし、返済期間があまりに長過ぎると、定年後もローンの支払いが続くような事態を招いてしまいます。

資金に余裕のある時にまとめて返済を行う方法に、繰り上げ返済があります。金融機関を選ぶ時には、繰り上げ返済の手数料の有無にも注目しておきましょう。

また、申し込み前に忘れてはならないのが、住宅ローン以外の他の借り入れの存在です。

新車購入時のローン等が残っていると、住宅ローンの借入が希望の条件にならない恐れがあります。

■工事開始から完成まで

2016-12-29_224140
土地とプランが決まり、契約まで進んだ後は、いよいよマイホームの工事開始となります。

ハウスメーカーにもよりますが、着工前に工事の安全を祈願して、地鎮祭と上棟式が行われる事があります。大安や友引などの吉日が指定され、お米やお酒を施主が準備しなければならない事もありますので、工事が始まるまで気を抜く事はできません。

これ以降は、施主が動き回る作業はほとんど発生しません。その間、引っ越しの準備を進めながら、完成が近づくマイホームの様子を1度は見ておくと良いでしょう。 
工事中は、家の構造部分を点検できる、最初で最後のチャンスです。

「どんな柱が、どこにどう通っているか」等を、この時に写真におさめておくと、もし後から災害が起きた時に、原因究明に役立つ事があります。

■まとめ

マイホームの完成までは、長い道のりを辿らなくてはなりません。
ハウスメーカーの住宅展示場の訪問から始まり、大きな支払いや、金融機関でのローン審査など、緊張の続く長い期間となります。

もしもの事態が発生しても、落ち着いて冷静に対処できるように、マイホーム完成後の生活も視野に入れた、入念なスケジュールや資金の計画を立てておきましょう。


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す