パッシブデザインが、これからのマイホームに欠かせない理由とは?

Pocket



建築物省エネ法の段階的な施行が進む中、家づくりにおける省エネへの配慮は、
もはや必須の考え方となりました。

省エネに対する取り組みとして、昔から行われてきた
「パッシブデザイン」についても、その価値が再注目されています。

これからの住宅の平均仕様となる「ZEH」や「長期優良住宅」なども踏まえながら、
マイホームに求められる省エネ性能について知っておきましょう。


スポンサーリンク



■「パッシブデザイン」の意味と特徴

2017-01-17_224528
パッシブデザインとは、エアコンなどの冷暖房機器に頼らず、
家本体の設計や自然エネルギーの利用によって屋内を快適にする、建築の思想・手法です。

本来、パッシブ(passive)は、「受け身」や「無抵抗」を現す英単語です。
つまり、パッシブデザインの家は、エアコンなどで自ら温度を調節せず、
受け身のまま過ごす家という意味になります。

パッシブデザインの例

・室内の温度変化を抑える、断熱性の高い窓やサッシ、外壁や屋根
・夏は直射日光をカットし、冬は日光を取り入れる庇や樹木
・電気に頼らずに室内を照らす、採光性の高い開口部や天窓の設置

■パッシブデザインのメリット・デメリット

2017-01-17_224618
パッシブデザインを住宅に取り入れることによって、
以下のメリットを受けることができます。

パッシブデザインのメリット

・光熱費の節約効果
・エアコンの風による、人体への負担を軽減する
・その土地の気候や自然を活かした暮らしが楽しめる

一方、デメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

パッシブデザインのデメリット

・設計には一流の技術と知識が必要
・土地の気候を理解した業者選びが必要
・エアコンを全く使わずに済むわけではない

■「ZEH」と「長期優良住宅」との違い

ここまでご説明したパッシブデザインの特徴を見て、
「ZEH」や「長期優良住宅」などの省エネ住宅との違いを疑問に感じた方も多いのではないでしょうか。

ZEHとの違い

ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギーハウスの略です。
その家でのエネルギー消費量が、その家の太陽光発電などで生産されるエネルギーによって、
正味ゼロ(ネット・ゼロ)に近い状態となる家を意味します。

政府は、2030年には、ほとんどの新築住宅がこのZEH基準となることを目標にしています。
このZEHの基準を満たすためには、エネルギー消費量を抑える必要があるため、
パッシブデザインの考え方も取り入れなくてはなりません。

長期優良住宅との違い

長期優良住宅とは、災害・劣化対策が万全であり、
かつ間取りの変更やバリアフリー性など、
長期に渡って数世代で使用できる住宅のことです。

長期優良住宅の認定を受けるためには、
現行の「建築物省エネ法」の省エネ基準を満たすことも条件となっており、
その省エネ基準にもパッシブデザインの考え方が含まれています。

つまり、パッシブデザインは、これからの家づくりでは必ず登場する考え方ということになります。

■マイホームをパッシブデザインにするには?

2017-01-17_224700
マイホームに本格的なパッシブデザインを取り入れるためには、
その土地の気候や自然の利用が不可欠です。

そのためには、その土地の日照時間や風の吹き方、
一年間の気温変化や積雪量、雨量、湿度など、
あらゆる自然条件を考慮したうえで設計を行なう必要があります。

これらの設計が行える業者かどうかを調べるためには、
まず、その業者の営業実績が一点のエリアに集中しているかどうかに注目しましょう。

長年エリアを限定して営業している業者は、
そのエリアの土地勘や自然条件を特に熟知しているため、
よりパッシブデザインに近い家づくりが期待できます。

加えて、パッシブデザインの施行実績を持っているかどうか、
データに基づく自然条件の年間シミュレーションが行われているかなども、
あわせて調べておくと良いでしょう。

■まとめ

豊かな四季に恵まれた日本人は、
古来より、周囲の自然を巧みに利用して暮らしてきた民族です。

すだれや庇、通気性の良い木造軸組工法などで自然エネルギーを利用しながら、
冷暖房のない時代を乗り切ってきました。

今後、家づくりでは、最新テクノロジーによる断熱性や気密性に加え、
昔ながらのパッシブデザイン思想も含めた省エネ性が求められます。

これからマイホームを購入しようとお考えの方は、
ぜひパッシブデザインについて理解を深めておくと良いでしょう。


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す