モデルハウスをマイホームにできる?メリットとデメリットを解説

Pocket



ハウスメーカーのモデルハウスを内覧して、「この家をマイホームにできたらいいな」
と考えたことのある方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなモデルハウスをマイホーム用に購入するときのメリットやデメリット、
ハウスメーカー側から見たモデルハウスの販売の是非について詳しく解説します!


スポンサーリンク



モデルハウスを購入するまで

もし、気に入ったモデルハウスがあれば、
売約されていない限り誰でも購入することができます。

ただし、建てて間もないものはしばらくのあいだ展示用に使われますので、
その期間が終わるまで住み始めることはできません。

ハウスメーカーによっては、先に契約だけ済ませておき、
展示期間が終了したあとに引っ越すことも可能です。

モデルハウスのメリット

【三井ホーム公式HPより引用http://www.mitsuihome.co.jp/】

モデルハウスを購入すると、以下のようなメリットがあります。

内覧以外は未使用の状態

実際にモデルハウスを内覧した方はご存じかもしれませんが、
モデルハウス内のトイレは使用が禁止されており、
展示場で配られるお子様向けのアメ以外は飲食も禁じられています。
これはハウスメーカーのスタッフも同様です。

さらに、傷や汚れがあればすぐに補修されるなど「売り物」として厳重に扱われますので、
内覧以外はほとんど未使用と思って問題ありません。

最新の設備が導入されている

集客用に作られるモデルハウスは、
メーカーのイチオシ商品や、グレードの高い設備、
目を引くおしゃれな外観や内装などがふんだんに取り入れられています。

家づくりのプロが選んだ設備という意味では安心して良いでしょう。

完成した状態でシミュレーションできる

既に完成しているモデルハウスは、実際に中を歩いて、
家族の過ごし方や収納の量、家具の配置など、
具体的な生活をシミュレーションすることができます。

モデルハウスのデメリット

N112_nayandahyoujyou_TP_V
いざモデルハウスの購入に踏み切る前に、以下の点に注意しなくてはなりません。

購入者のために作られていない

ほとんどのモデルハウスは、
「夫婦+子ども(小学生+赤ちゃん)」
といった、平均的な家族を想定して作られます。

しかし、人によっては子供部屋の有無や数、収納の量、
キッチンやお風呂の機能や大きさなど、細かい点で使いづらさを感じることがあります。

建築途中の様子がわからない

すでに完成してしまっているモデルハウスは、建築途中の状態を見ることができません。

そのため、将来的にリフォームが必要となったとき、
基礎や構造部などの造りは、ハウスメーカーが施工中に撮影した写真などで判断する必要があります。

新築並の費用になることもある

モデルハウス最大の魅力といえば、新築より販売価格が割安になっていることです。

しかし、設備の追加やリフォームに数百万円の費用が発生し、
さらに不動産取得税など数十万円の税金も必要です。

場合によっては自由に間取りを選べる新築の方が、
払った費用に対してメリットを得られることもあります。

また、内装に使われているおしゃれな家具も、買い取る場合は数十万円の代金を請求されるので、
販売価格に含まれているかよく確認しておきましょう。

ハウスメーカーから見たモデルハウス

82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s
これまで購入者から見たモデルハウスのメリットとデメリットをご紹介ました。
では、ハウスメーカー側はモデルハウスが売れることをどう感じているのでしょうか?

結論から述べると、ハウスメーカーが断然売りたいのは、新築住宅です。

モデルハウスの目的が新規顧客の誘導である以上、
それがなくなるとまた新たなモデルハウスを建てなくてはなりません。

そのため、モデルハウスが一棟売れたとしても、
新たに建てる費用で相殺されてしまい、大きな利益には繋がらないのです。

しかし、モデルハウスが売れることはハウスメーカー側にもメリットがあります。

特に、建てて間もないモデルハウスが売れると、展示期間のあいだ、
ハウスメーカーは「建ててすぐに買い手が付いた家」という、強力なアピールができます。

反対に、展示期間が終了したあと、いつまでもモデルハウスが売れ残ってしまうと、
マイナスイメージになってしまいますので、
ハウスメーカーとしてはすぐにでも購入希望者を見つけなくてはなりません。

モデルハウスが購入できるかどうかは、ハウスメーカーの事情次第
このように、モデルハウスには販促アイテムとしての一面がありますので、ハウスメーカーによってはモデルハウスの販売自体を受け付けていない所もあります。
そのほか、展示期間が終わったモデルハウスを、抽選で選ばれた人が割安な価格で購入できる、セキスイハイムのリユース制度などもあります。
これ以外にも、モデルハウスを購入する際は、ハウスメーカーの内情が絡むことを覚悟しておきましょう。

まとめ

モデルハウスを買いたい旨を伝えると、通常は、
ハウスメーカーから新築に誘導する営業が行われます。

ハウスメーカーからの新築の提案と比較しながら、
本当にそのモデルハウスと数十年間の生活を共にしても良いか、
内覧の際はしっかりシミュレーションを行いましょう。


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す