人工知能がもたらす未来の住宅。パナソニックのAI住宅に注目!


「人工知能が搭載された住宅」と聞いて、どんな家を想像しますか?

未来の住宅の在り方として、いま、パナソニックではAI住宅の開発を進めています。

既に普及しているスマートハウスよりも、さらに住む人にとって心地良い住空間を提案する、
AI住宅について、その特徴や利点を詳しく見てみましょう。


スポンサーリンク



パナソニックが開発するAI住宅とは

37cec774396275a47fafe3e54848cd63_s
AIとは
「artificial intelligence(人工的な知能)」
の文字通り、人間のように学習するシステムやソフトです。

パナソニックが開発を進めているAI住宅とは、このAIの技術によって、
快適さと安全さを住宅に予測・学習し、快適な住まいを作るサービスのことです。

AIによる住宅設備の一括管理は、既に世界中の企業で開発が進められていますが、
国内の大手住宅設備メーカー・パナソニックが、いよいよその事業に乗り出したとして、
非常に注目されています。

パナソニックのAI住宅はドイツのベルリンで2018年末に完成が予定されており、
着工は2017から開始するようです。

米IBMのAI「ワトソン」

AIには文章を作成するものや将棋を打つものなど、
その使用目的や提供するサービスは様々ですが、
パナソニックが今回使用するAIは、米IBMの「ワトソン」というAIです。

ワトソンは、様々な情報やパターン分析を行うAIとして知られており、
膨大なデータから利用者が最も望む答えを探すことを得意とします。
アメリカのクイズ番組でチャンピオンに勝利するなど、その実力は折り紙付きです。

【ソフトバンク公式HPより引用 http://www.softbank.jp】

日本でも、ソフトバンクのロボット「ペッパー」に使われ、
銀行の窓口対応における人員不足の解消、サービスの効率化などに貢献しています。

このワトソンのようなAIが住宅に導入されると、どんなメリットがあるのでしょうか?

AI住宅の機能としくみ

では以下からは、AI住宅の具体的な特徴を見てみましょう。

AI住宅には、
「居住性」「防犯性」「危険予知」
という、3つの効果があるとされています。

AIが快適な居住性を提供

センサーなどで住人の暮らしを分析し、クセや好みなどから、
住宅設備をその家の住人にとって最も適した状態に調節します。

例えばエアコンでは、過去の使い方をAIが学習し、
住人が最も心地良いと感じる温度に、自動で切り替えることができます。

防犯システムで家族を守る

防犯カメラの映像をIBMのクラウドに送り、顔情報を元にAIが不審者を見抜きます。
住人やよく訪れる知人以外の不審者が家に近づくと、自動で通報し、
外部の危険から家族を守ります。

危険を予測して知らせる

家に住む人を脅かす脅威は、空き巣などの侵入者だけではありません。
屋根裏の雨漏りやカギのかけ忘れなど、家の中で起きている異変をAIが察知し、
大事故になる前に教えてもらうことができます。

進化し続ける学習機能
これらの学習データの蓄積によって、
住人がとる行動の予測も細かくなり、
真の意味での快適さが得られると考えられます。

スマートハウスとのちがい

ここまでAI住宅の説明を読んで、

「HEMSで管理するスマートハウスと何が違うの?」

と疑問に思った方もいるのではないでしょうか?

もはや多くの家庭で普及が進んでいるスマートハウスには、
使用状況をHEMS機器で管理する点など、AI住宅との共通点も確かに存在します。

しかし、スマートハウスはあくまで「省エネ性に特化した住宅」です。
一方、AI住宅は「快適な生活を学習して作り出す住宅」です。

・スマートハウス:エネルギーを無駄なく使うようにシステムで管理し、省エネを目指す
・AI住宅:データを蓄積し、学習機能によって最新かつ最適な住環境づくりを目指す

もちろん、AI住宅がスマートハウスよりも省エネ性で劣るとは考えにくく、
学習機能がエネルギーの効率化を助けるであろうことは想像に難くありません。

パナソニックの省エネ商品と連動
パナソニックでは太陽光やHEMSシステムにも力を入れており、
これらの省エネ機器と併用することで、
さらに快適かつ省エネ性に優れたAI住宅になると言えるでしょう。

まとめ

AI住宅は、国内の一般住宅への導入はまだ発表されていません。

しかし、「モノのインターネット」という考え方の拡大や、
長期的な耐久性が家づくりに重視されている昨今、
AIが快適な住まいづくりに大きく貢献する未来も、すぐそこまで来ているのかもしれません。


【注文住宅をご検討の方へ】

ハウスメーカーには、それぞれ得意不得意があるので、まずは、無料で色々な会社からプランや提案や見積もりを貰って、比較するところから始めると、知識的にも幅が広がって面白いと思います。

ココ→http://www.town-life.jp/home/



【土地建物売却予定の方へ】

不動産を1円でも高く売るなら一括査定で比較見積もり!!
査定する側も比較されていると分かっているから高値が付く!!

http://lp01.ieul.jp/

【引越予定の方へ】

料金が高い引越業者を使っていませんな??雑なサービスをする業者を使いますか??
最短45秒で最安値の引越業者を見つけることができます^^


https://hikkoshizamurai.jp/
いまなら最大10万円キャッシュバック中♪♪

住宅ローンをご検討中の方へ・・・

住宅ローンは、提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性があります。
住宅ローンの選定の再に重要なのは、1つでも多くの金融機関へ審査申し込みをすることです。
【住宅ローン一括審査申し込み】なら最大11社の金融機関に一度の入力で審査申し込みが可能に!

20分程度の入力時間で、数百万円の節約に成功することも!?
住宅ローン一括審査申し込みはこちらから

2015-04-10_223522
その工務店で大丈夫ですか?割高で建てようとしていませんか? 同じ工務店・ハウスメーカーで310万円金額が下がった方法を解説しています。
⇒詳しくはこちらから ※姉妹サイトへのリンクです。
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

コメントを残す